※規約※

当サイトではアダルトを含む風俗情報を扱っております。18歳未満の方は閲覧できませんので速やかに退出してください。
当サイト情報の利用・閲覧は自己責任の元お願いいたします。

サイトメニュー

関連記事

デリヘルで忘れがちな出費とは

入会金の存在は忘れがち

風俗遊びとは男性にとって息抜きやストレス発散のひとつですが、風俗は安い遊びではありません。
このため、少しでもお金をセーブして風俗遊びをしたいもの。
そのためにはどのような出費があるのか知っておく必要があります。
これを知らずに起こる失敗談は跡を絶ちません。
特に忘れやすいのは入会金の存在でしょう。
これはデリヘルに限ったことではありませんが、初回の利用の際に入会金がかかることがあります。
入会金は1000円から2000円がほとんどですが、これを忘れてしまうことがあるのです。
いくらプレイ料金が安かったとしても、入会金が高額に設定されていることもあります。
サイフの中に余裕の無い状態で入会金を忘れてしまい、トラブルに発展する失敗談は少なくありません。
そのため、必ず事前に入会金について確認しておきましょう。

デリヘルは交通費がかかる

デリヘルにはプレイルームがありませんので、プレイはラブホテルで行います。
そのため、女性はラブホテルに移動しなければなりませんが、そこで交通費がかかることもあるのです。
多くのデリヘルはエリアを指定しており、交通費無料の範囲が用意されています。
しかし、そのエリアから外れてしまうと交通費がかかってしまうのです。
交通費はデリヘルやエリアによって異なりますが、場合によっては5000円以上になることも考えられます。
そのため、自分がチェックインしたラブホテルの交通費がいくらなのか、スタッフに確認しましょう。
また、デリヘルによっては交通費無料のエリアを用意していない場合もあるのです。
こういったデリヘルはいくら近い距離だったとしても、交通費が発生してしまいます。

自宅に呼ぶ際にも注意

デリヘルは基本的にラブホテルでプレイを行いますが、場合によっては自宅に呼ぶことも可能です。
この手軽さはデリヘル人気のひとつと言えるでしょう。
さらに、自宅であればラブホテル代がかかりませんの、格安でプレイをすることもできます。
しかし、デリヘルによっては自宅に呼ぶ場合は追加料金が発生することがあるのです。
自宅は女性にとって万が一の危険がありますので、何かトラブルが起こったらスタッフが助けなければなりません。
そのため、自宅は割り増し料金になってしまうのです。
また、ラブホテルでプレイをする場合、時間通りに女性が到着するとは限りません。
これによってラブホテルの延長料金を取られたという失敗談もありますので
ラブホテルは少し長めの時間を用意しておきましょう。