※規約※

当サイトではアダルトを含む風俗情報を扱っております。18歳未満の方は閲覧できませんので速やかに退出してください。
当サイト情報の利用・閲覧は自己責任の元お願いいたします。

サイトメニュー

関連記事

デリヘルカメラマンが語る!

カメラマンの仕事

デリヘルをはじめ風俗店のサイトなどで見かける女性を撮影した写真。
パネルや、宣材写真などといいますがあの写真を撮る専属のカメラマンがいるってご存知ですか?
予約前に女性の姿を唯一拝見できるのが宣材写真です。
お店も女の子もかなり重要視している宣伝の1つだと考えられます。
最近は、素人でも簡単に使える編集ソフトや高画質で撮れるデジカメなんかも普及して
その数は減少していますが、被写体の魅力を最大限に生かし美しく撮るという点ではプロに勝ることはできません。

それに!私たちが見破ることの出来ない修正いわゆるパネルマジックの裏側や
デリヘル嬢たちのプライベートな姿を見ることが出来る貴重な存在だと私は感じています。
貴重なデリヘル専属カメラマンの話を聞いてみましょう・・・

美しく撮るプロ

宣材写真を見ていつも思うのが「どこを修正してるんだろう」
スタイル抜群で胸も大きく肌もキレイな子を呼んだはずなのに、やってきたのが似ても似つかぬ女性・・・
この罠にいつも引っかかっていました。
ですがこの罠が原因でお店を利用する人が減少しひどい修正を加えなくなりました。
そこで頼ったのがプロの力。
ぽっちゃりの人を細く見せたりとコンプレックスを隠しながら美しく撮るという手法に代わっていったのです。

例えば、体型が気になる人であればYシャツや制服などあまりピチッと体にフィットしない服を着せぬいぐるみなど大きい物を持たせます。
持っているものをカメラに近づけ遠近法で自分を小さく見せたり
ぽっこりお腹が気になるひとにはくびれが強調されるポーズをとらせたり、寝たまま上から撮影してみたり・・・
これらの撮影方法も詐欺と言われれば詐欺なのかもしれませんが
コンプレックスを上手く隠しながら素材の美しさを引き立たせることはソフトでは出来ないことだと思います。

プライベートを知る人

撮影をしているといってもお店以外でリラックスしているデリ嬢の姿を見れる唯一の人です。
不機嫌で態度が悪い子や、人気はないが人懐っこくニコニコしている子、そんな姿を見たら指名する相手も変わってくるかもしれません。
呼ばなきゃ分からない、顔出ししていないデリ嬢を見れるという点では羨ましいですが
知りたくもなかった裏の姿を見るのはちょっと嫌ですね…(笑)
デリヘル使おうと思っても撮影した子が来るのもちょっと嫌ですし・・・
羨ましいような、そうでないような・・・不思議な職業です(笑)